読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しどーの見た世界

しどーが見て来た色んな世界の話。あなたの世界が広がるひと時になればと想い綴ります

熊本の復興支援をしていた学生が震災から1年と-1日目に想うこと

4月 14日21時26分 熊本地震発生

 

364日前のこの日しどーの人生は大きく変わりました。

 

なんとかしないと

何かしなきゃ

何かしたい

 そんな想いで動き初めた1年と1日前

 

「熊本に支援物資を送りたいので、助けて下さい!!」

SNSに流した情報を元に、いつもお世話になってる人、めちゃくちゃ久しぶりの人、初めましての人。

ホンマにたくさんの人に支援物資を託して頂きました。

本当に今更ですが、あの時は本当に有難うございました。

1番遠いところはイギリスから物資が届きました

f:id:daichishido:20170412011311j:plain

 

 緊急支援から始まった僕達の活動は熊本の阿蘇、そして益城へと繋がって行きました。

震災後間もない益城の光景がまだ僕の目の奥に焼き付いています

それは5年前に行った東北の景色とリンクしてより色濃い記憶として、頭の中でフラッシュバックし続けました。

f:id:daichishido:20170412011405j:plain

 

 

 

あの日から始まった364日を通してしどーが想っている事があります。

それは

明日の保障はどこにもない

という事です

 

1年前の今日、4月13日

誰1人として明日地震が起こるなんて想像もしていませんでした

 

今まで通り、平和な日常が続いて、

明日には友達との約束があって、美容院の予約があって

明日も学校があって、仕事があって

 

でも、あの日、原爆が落とされた日の前日も、地下鉄でサリンが巻かれた日の前日も、東北に津波が来た日の前日も、熊本で地震が起こった日の前日

みんな明日今日と同じ日が続くと思ってたんじゃないかなぁ

 

今日熊本地震から1年と-1日

 

もしかしたら明日戦争が始まるかもしれない

もしかしたら明日南海トラフ地震が起こるかもしれない

もしかしたら明日交通事故に会うかもしれない

もしかしたら今日が人生最後の日かもしれない

 

もし明日何があっても良いように、後悔しないように

 

せめて今日1日くらいは

今日のこの時間を必死に生きて、生きて、生きて行こうと思います。

 

熊本地震で亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

 

「明日世界が終わるとしても、私はリンゴの木を植える」ーマルティン・ルター

f:id:daichishido:20170412012311j:plain